TOP > 洛中 >若宮神社
<石清水八幡宮を本宮とする若宮>
源頼光の邸内にあった鎮守社が起こり。
ご祭神は源氏の始祖とされる清和天皇。
大宮通の東側には今宮神社の御旅所がある。

住所 : 京都市北区紫野雲林院町1
付近の見所 :玄武神社紫式部・小野篁墓所



(撮影 : 2010年10月11日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

若宮神社正面
若宮神社正面
参道
参 道
若宮神社本殿
若宮神社本殿
若宮神社本殿
若宮神社本殿
明神社(末社)
明神社(末社)
明神社(末社)
明神社(末社)
「若宮八幡宮」と書かれた提灯
「若宮八幡宮」と書かれた提灯
提灯に描かれた二羽の鳩の絵
提灯に描かれた二羽の鳩の絵

若宮神社

若宮神社という名の神社は日本全国にあり、京都府下にもいくつかあるようですが、ここでご紹介するのは京都市北区の若宮神社。北大路通から大宮通を南へ100mほど下ったところにあります(大宮通を挟んだ東側には今宮神社の御旅所があります)。
「石清水八幡宮」を本宮とする若宮で、土蜘蛛退治等の伝承で知られる源頼光の邸内にあった鎮守社がその起こりと伝えられます。ご祭神は源氏の始祖とされる清和天皇です。
神社の境内は極めて質素。本殿もこじんまりとして、お寺のお堂のような、箱のような感じ。
本殿の向って左にある朱色の鳥居の末社は、石に刻んだ権太夫大明神・白菊大明神・吉丸明神・久高明神をお祀りする明神社です。
正面の大鳥居の前に掲げられた提灯には「若宮八幡宮」と書かれ、二羽の鳩の絵が描かれています。京都では五条坂に「陶器神社」の別名をもつ「若宮八幡宮」がありますが、これは源頼光の甥の源頼義が創建したもの。鳩は八幡宮の神鳥です。