TOP > 洛南 >淀城
淀城の地図
淀城石垣とお堀
淀城石垣とお堀
「淀城址」の石碑
「淀城址」の石碑
淀城石垣
淀城石垣
天守台の入口(「立入禁止」の看板があります)
天守台の入口(「立入禁止」の看板があります)
城内にはブランコもあります
城内にはブランコもあります
城内にはお稲荷さんもあります
城内にはお稲荷さんもあります
「妙教寺」の表門
「妙教寺」の表門
「妙教寺」鐘楼前にある「淀古城址」の石碑
妙教寺鐘楼前にある「淀古城址」の石碑

淀 城

豊臣秀吉が側室「茶々」のために与えたことで有名な淀城は、その名の通り京都市伏見区の淀(京都競馬場の近く)にあります。ただし、「淀城跡」として残っているのは後に松平定綱が新たに築城したもので、茶々が住んでいた「淀古城」とは別のものです。
「淀城跡」は、今は堀の一部と石垣,天守台が残っていて、ゲートボールもできる市民公園となっています。天守台はすぐ裏にある京阪線淀駅のホームから良く見えることでも有名ですが、「立入禁止」のため入ることはできません。
この「淀城跡」から北へ数百メートル離れたところに「妙教寺」というお寺がありますが、「淀古城」の天守はこの付近にあったそうです。
妙教寺の境内の釣鐘の前には、「史跡淀古城址 此所は戦国時代の始細川管領家が築城し薬師寺与一岩成左通淀君らの居城となった淀古城の址である」と刻んだ碑が立っています。