TOP > 洛東 >養源院
寺院外観
寺院外観
山門
山 門
玄関・庫裏
玄関・庫裏
鐘楼
鐘 楼
境内と堂宇
境内と堂宇
延命地蔵尊
延命地蔵尊
白衣弁財天
白衣弁財天
白衣弁財天の内部(桶がたくさん積上げられています)
白衣弁財天の内部(桶がたくさん積上げられています)
毘沙門天
毘沙門天
白玉明神・白鷹龍神・赤桃明神
白玉明神・白鷹龍神・赤桃明神

養源院

養源院は、三十三間堂の東向かいにある浄土真宗遣迎院派の寺院です。
豊臣秀吉の側室淀殿(浅井茶々)が、父・浅井長政の追善供養のために創建した寺院。養源院の名も、浅井長政の院号「養源院天英宗清」によるものだそうです。
養源院は創建後いったん火災で焼失しますが、徳川秀忠が伏見城の遺構を移築して本堂を再建。これ以来徳川家の菩堤寺となります。
再建された本堂廊下の天井は、伏見城攻防戦で自刃した将兵達の血痕が残る、有名な「血天井」(同じ血天井は宝泉院や正伝寺、源光庵等にもありますが、生々しさでは養源院が一番、なのだそうです)。
また養源院には、自刃した将兵達の霊を供養するために描かれたと伝えられる、俵屋宗達作の襖絵(獅子や麒麟、象などが描かれたもの。重文)があり、また日光東照宮の眠り猫で有名な大工・左甚五郎が作ったとされる鶯張の廊下もあります。
堂内でお坊さんが詳しく説明してくれるのですが、拝観がグループごとに順番に進められるので、少し分りにくいかも知れません。
【ご利益】:諸願成就