TOP > 洛西 >善峯寺
<西国二十番札所・洛西一番札所の名刹>
源算上人を開基とし、桂昌院により再建される。
桂昌院お手植の天然記念物「遊龍松」がある。
桜・紅葉の名所。神経痛・腰痛のご利益もある。

住所 : 京都市西京区大原野小塩町1372
公式HP : http://www.yoshiminedera.com/
付近の見所 : 三鈷寺

(撮影 : 2013年04月10日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

山門
山 門
観音堂(本堂)
観音堂(本堂)
お香水
お香水
釣鐘堂
釣鐘堂
護摩堂
護摩堂
「遊龍」の松
「遊龍」の松
開多宝塔
多宝塔
開山堂
開山堂
経 堂
経 堂
桂昌院お手植のしだれ桜
桂昌院お手植のしだれ桜
幸福地蔵
幸福地蔵
十三仏堂
十三仏堂
桂昌院廟
桂昌院廟
釈迦堂
釈迦堂
釈迦堂横の見事なしだれ桜
釈迦堂横の見事なしだれ桜
奥之院への入口
奥之院への入口
稲荷社
稲荷社
奥之院前の石段
奥之院前の石段
けいしょう殿
けいしょう殿
薬師堂(奥之院)
薬師堂(奥之院)
蓮華寿院庭
蓮華寿院庭
青蓮院宮御廟
青蓮院宮御廟
青蓮の滝
青蓮の滝
阿弥陀堂
阿弥陀堂
青蓮院宮御廟への石段
青蓮院宮御廟への石段
境内からは京都市内が広く見渡せます。
境内からは京都市内が広く見渡せます。
奉納された絵馬
奉納された絵馬
善峯寺北門(三鈷寺へと続く門)
善峯寺北門(三鈷寺へと続く門)

善峯寺

善峯寺(よしみねでら)は、西国三十三ヵ所観音霊場の西国二十番札所で、京都洛西観音霊場の第一番札所に当たります。 光明寺楊谷寺と並ぶ西山三山のひとつで、西山屈指の名刹(天台宗系の単立寺院)といわれています。
善峯寺は、平安時代の長元2年(1029)に源算上人により「法華院」の名で創建されます。後に後一条天皇から「良峯寺」の名を賜り、さらにその後名を「善峯寺」に改めて繁栄しますが、応仁の乱で建物のほとんどを焼失。江戸時代に入って桂昌院(五代将軍綱吉公の母)の寄進により再興されて現在に至ります。
境内は山の斜面にあってとても広く(3万坪もある)、京都市内が眼下に一望できる絶景の位置にあります。この広い境内のあちこちに観音堂や多宝塔、釈迦堂、薬師堂などの立派な建物が分散して建ち、それらを美しい参道で順番につなぐ形となっていて、境内全体が公園のような造りとなっています。
山門は堂々としてとても立派なもので、多宝塔は重要文化財に指定されています。また天然記念物に指定された「遊龍の松」は、全長が約40mほどもある見事なもの。さらに釈迦堂の北側には薬湯場があり、ここのお湯は神経痛や腰痛にとてもよく効くのだそうです。
春は桜、秋は紅葉の名所といわれ、今回私が訪れたときは釈迦堂横の枝垂れ桜が満開。境内のあちこちにもたくさんの桜が植えられていて、とてもきれいでした。 京都西山の観光ポイントとして、絶対のオススメ。
【ご利益】:神経痛,腰痛,病気平癒,長寿,健康,出世祈願(薬師如来)