TOP > 洛北 >由岐神社
神社正面
神社正面
大鳥居
大鳥居
中央に通路のある「割り拝殿」(重文)
中央に通路のある「割り拝殿」(重文)
本殿への石段
本殿への石段
本殿(重文)
本殿(重文)
本殿
本 殿
狛犬(重文)
狛犬(重文)
神水と絵馬
神水と絵馬
「天狗みくじ」
「天狗みくじ」
天狗のキーホルダー
天狗のキーホルダー(中におみくじが入っています)
冠者社
冠者社
岩上社
岩上社
大杉社
大杉社
白長弁才天社
白長弁才天社
三宝荒神社
三宝荒神社
境内から石段の下を見たところ
境内から石段の下を見たところ

由岐神社

由岐神社は、牛若丸伝説が残る鞍馬寺の、本堂へ至る参道途中(仁王門から徒歩3分くらい。叡山電鉄「鞍馬駅」からは徒歩5分くらいのところ)にあり、勇壮な「鞍馬の火祭」の舞台として有名。940年(天慶3年)に天下泰平と万民幸福を祈念して創建されました。
鞍馬寺の鎮守の社で、「靫明神(ゆきみょうじん)」とも呼ばれます(「靫」とは、矢を入れて肩や腰に掛け携帯する容器のこと。「靫明神」の名は、国難の際に神前に「靫」を献じて平穏を祈ったことによるのだそうです)。
境内には樹齢800年と伝わる杉の巨木が立ち並び、古社の雰囲気がたっぷり。重文に指定されている拝殿も本殿も、とても立派です。
本殿の脇で売られている「天狗みくじ」は、天狗のキーホルダーの中におみくじが入っているもの。おみくじを読んだ後は、もちろん普通のキーホルダーとして使えます。
【ご利益】:安産,子宝,縁結び,交通安全,火難除け