TOP > 洛東 >善願寺(腹帯地蔵)
<行基菩薩が創建した天台宗の寺院>
醍醐寺南の旧奈良街道沿いにある。
「腹帯地蔵」の通称で呼ばれる。
安産と子授けのご利益で有名。

住所 : 京都市伏見区醍醐南里町33
付近の見所 : 火防稲荷神社



(撮影 : 2011年2月5日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

街道から見た善願寺(腹帯地蔵)
街道から見た善願寺(腹帯地蔵)
街道側の門と本堂(地蔵堂)
街道側の門と本堂(地蔵堂)
本堂の壁の中央には小さな窓が開いています。
本堂の壁の中央には小さな窓が開いています。
本堂の扁額
本堂の扁額
本堂前の門
本堂前の門
寺院境内の庭
寺院境内の庭
陀枳尼天堂
陀枳尼天堂
陀枳尼天堂
陀枳尼天堂

善願寺(腹帯地蔵)

善願寺(ぜんがんじ)は、醍醐寺から旧奈良街道(京都府道36号大津宇治線の東側を通る)沿いに500mほど南下したところにあります。
奈良時代の730年頃に、行基菩薩によって創建されたといわれる天台宗の寺院で、昔から「腹帯地蔵(はらおびじぞう)」の通称で呼ばれています。
ご本尊は重要文化財に指定されている地蔵菩薩坐像。「腹帯地蔵」という珍しい名前は、このお像の衣服の紐の部分が、妊婦の腹帯に似ていることに由来しているようです。
観光寺院ではありませんので、拝観するには事前予約が必要。ただし、写真にあるように寺院本堂(地蔵堂)は道路に面していて、壁の中央には小さな窓が開けられていますので、この窓から拝観することはできます。
また本堂の向かいには、朱色の玉垣と提灯が美しい「陀枳尼天(だきにてん)」のお堂があります。善願寺の鎮守稲荷と思われますが、陀枳尼天と「お稲荷さん」とは似ていて別物。非常に神通力のある神様とされています。
私は今回予約をしていなかったため、お寺内部の拝観はしませんでしたが、安産のご利益では有名なところ。安産祈願を考えておられる方は、一度来られてみてはどうでしょうか。
【ご利益】:安産,子授け,厄除け,水子供養,心願成就,家内安全