TOP > 洛北 >禅華院
<鐘楼を兼ねた珍しい山門がある>
修学院離宮に近い臨済宗大徳寺派の寺院。
境内にある多くの石仏群で有名。
庭は小堀遠州の作と伝えられる。

住所 : 京都市左京区修学院烏丸町
付近の見所 : 修学院離宮



(撮影 : 2011年3月12日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

禅華院の山門(鐘楼門)
禅華院の山門(鐘楼門)
山門前にある石標
山門前にある石標
山門の鐘楼部分
山門の鐘楼部分
境内側から見た山門
境内側から見た山門
梵鐘を下から見たところ
梵鐘を下から見たところ
庫裏
庫 裏
石仏(左:阿弥陀如来坐像,右:地蔵菩薩坐像)
石仏(左:阿弥陀如来坐像,右:地蔵菩薩坐像)
いろんな石仏群
いろんな石仏群
本堂
本 堂
本堂前の庭園
本堂前の庭園

禅華院

禅華院は「ぜんげいん」「ぜんけいん」または「ぜんかいん」と読みます。京都市左京区の、修学院離宮の表総門の南にある、臨済宗大徳寺派の寺院。ご本尊は釈迦如来です。
元は天台宗で比叡山三千坊の一つであったようですが、江戸時代の初めに大徳寺第170世の清厳宗謂和尚により創建されたといわれています。
堂内は非公開ですが、二層が鐘楼になっている珍しい山門(鐘楼門)と、境内にある鎌倉時代後期の作とされる石仏などで有名。また庭は小堀遠州の作と伝えられ、紅葉の美しさでも有名です。
山門の前の道路は狭く、このため山門全体を正面から撮影することができません(写真が斜めから写したものとなっているのは、このため)。また境内も決して広いとはいえないのですが、寺院の全体が整然としていて、狭苦しさを感じることはありません。
訪れる観光客は少ないと思いますが、珍しい山門といろんな石仏を見ているだけで、結構楽しく過ごすことができます。
曼殊院と赤山禅院とを結ぶルートの中間地点に当たりますので、移動の途中にぜひ見ておかれることをおすすめ致します。